2016年5月19日木曜日

海遍路二日目。

海遍路二日目。
小田原から大磯まで20㎞。
天気は最高!のはずが
朝から白波。
北東風が、直接向かい風となって
ぶつかってきます。
初日から六時間漕ぎっぱなしで
大磯到着しまさした。
途中、削られた浜を見て
鈴廣かまぼこの鈴木社長がぽつり。
「浜が昔はもっと大きかったな...
木下大サーカスも浜でやってたな...」
目でわかる変化は
砂浜がなくなり、
川からの水の流入が減ったこと。
西湘バイパスから
絶えず車の走る音がしていること。
年間60万トン、
ブリが獲れていた相模湾は
五年前には年間500匹まで
激減したらしい。
何が起きているのかと思う。

八幡

2016年5月18日水曜日

海遍路1日目

海遍路一日目。

まずは早川流域をじゃぶじゃぶ。
河口までの二キロを歩いてきました。
江戸の原点は小田原か...
我、ふるさとにある玉川上水も
小田原の仕組みを参考にしたとか!?
街の暮らしを支える水の仕組み、
NHK番組ブラタモリでも
詳しく紹介されたようですが
現場で水に触れながら
その様子を見ると
また趣は違います。
それはそうと、
参加された方々は
それぞれ発見があったようです。
わたしもしかり。
鈴廣かまぼこの鈴木社長も
子供のとき以来、
何十年ぶりに川に降りた!
と、悪戦苦闘しておりました。
早川河川敷には
鳥も魚も食べられる草も
沢山ありました。
箱根山からの水は、
今尚、里にも海にも
恵みをもたらしてます。
足りてないのは
子供の笑顔だけか...
じゃぶじゃぶすれば
何かが変わる
いけばわかるさ
明日からいよいよ、海に出ます。

八幡